税理士とは

ビル

税理士とはどのような仕事を行うのか

税理士とは税務書類の作成や相談、代理など税務関係の仕事を行うエキスパートです。
納税者から依頼を受けて必要な書類を作成したり、税対策などを行います。
それは一般の人相手だけではなくて、企業や株主の相談にものったりします。
税に対して知識のない一般の人が、自ら申告や納税を行うのは難しいです。
彼らから依頼を受けて、手続きを代行するのが税理士の大きな仕事です。
また申告や納税を行うだけでなく、税務署の調査に対して依頼主に同行し説明をしたりという仕事もあります。
そして税理士になるには税理士試験に合格するのが一番の近道です。
弁護士や公認会計士などは税理士の資格をとることができます。
また試験が免除される場合もあります。

大阪の司法書士・行政書士の求人募集

債務整理や交通事故、離婚、労働問題なら弁護士にご相談ください

自動計算によるweb勤怠管理

各言葉のネイティブが在籍しています

給与明細を電子化することで日々の勤務がリアルタイムで把握できます

税理士とはに関するページ一覧

税理士とはやりがいが感じられる仕事です。

税理士とは、税務や会計を通じてお客様や会社をスムーズに助ける仕事になります。
数字に強いことは

国家資格者でもある税理士とは何か

一般的に税理士とは国家試験に合格をして特定の団体に登録を行った者がなれる職業であり、国から認められた

頼りになる存在の税理士という職業

税理士とは、会社や個人で発生する税に関して計算を行う事務的な職業です。
専門的な知識が必要とさ

税理士とはどんな職種か

税理士とは、依頼人の求めに応じて税に関する諸事務を代行したり相談に応じたりする専門職で、その資格は国