税理士とはどんな職種か

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

税理士とはみ

ビル

税理士とはどんな職種か

税理士とは、依頼人の求めに応じて税に関する諸事務を代行したり相談に応じたりする専門職で、その資格は国家資格となっています。
具体的な業務内容としては、まず、確定申告書や相続税申告書など、税務関係書類の作成があります。
またこれらの書類を依頼人に代わって税務署に提出したり、税額の決定に対する不服申し立てを行ったり、税務調査に立ち会ったりもします。
さらに、付随する業務として、会計帳簿の記帳や給与計算の代行も扱います。
なお、2006年からはこれらに加えて会計参与という職務を行うことができるとされています。
会計参与とは株式会社の役員ポストの1つで、その会社の会計書類を作成したり取締役会で意見陳述を行ったりします。