頼りになる存在の税理士という職業

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

税理士とはみ

ビル

頼りになる存在の税理士という職業

税理士とは、会社や個人で発生する税に関して計算を行う事務的な職業です。
専門的な知識が必要とされ、国家資格に合格し税理士として登録した者がその活動ができるようになっています。
これらは税務署に勤める人や、税理士事務所を開業している人にそこに勤めている人などさまざまです。
正しい税を納めているかの確認や、正しい税の計算をしてくれる仕事などがあります。
税務署は、基本的に会社や個人から税を徴収します。
税を納めることは国民の義務であり、それに直接関わる職業が税理士なのです。
税理士とは複雑な税の知識を活かして税務作業を代行し、また相談にも対応しアドバイスを行っています。
経営や生活をしていく上で、税はどこでも発生します。
その税と上手く付き合っていくために、この税理士という職業が大いに役立つこととなっています。